西日本読書感想画コンクール

西日本読書感想画コンクール

コンクール概要

応募資格

九州・山口各県の小学校、中学校、高校の児童、生徒(全日制、定時制、通信制問わず)で、1997年4月2日以降に生まれた者。

課 題

指定図書の部
各学年別に主催者が指定した図書に対する読書感想画。高校生の指定図書はありません。
自由図書の部
文学、自然科学、人文科学などその種類は問いません(ただし教科書、雑誌、マンガ、写真集およびそれに準ずるものは不可)。なお、該当学年以外の指定図書は、自由図書の部で応募できます。

用紙・絵の具および大きさ

用紙
画用紙、ケント紙、キャンバスボード(枠張りは不可)、マニラボール紙、ゴッホ紙など自由。
絵の具
クレヨン、パステル、水彩、油絵の具など自由。版画、貼り絵なども可。
大きさ
四つ切り(54cm×38cm)。1cm程度の誤差は可。それ以上は不可。規格未満のものは、必ずこの大きさの白画用紙を台紙にすること。規格に合わないものは失格になります。

注意事項

  1. 応募作品ごとに次の2項目を必ず守ってください。
    1. A.応募作品は所定の応募票(本画面の左上「応募要項・応募票」からダウンロードすることができます。同じ形式のものでも可)に必要事項を記入し、絵の上下 (天地)に合わせて作品の裏面右上にのり付けしてください。
    2. B.読んだ本のどんな点に感動したか、作画の動機または作画に当たって工夫、苦心したことなどを原稿用紙200字程度にまとめて作品の裏面に貼ってください。
  2. 上記の項目に合わないものは失格となります。
  3. 応募作品は未発表の作品に限ります。著作権は主催者側に帰属し、作品は返却しません。
  4. コンピューターグラフィックス(CG)の作品は不可とします。

審 査

  1. 第1次(県内)審査 … 各県で審査委員会を構成し、小、中、高校各学年の指定図書、自由図書の部門ごとに県内入賞作品を決定し、上位作品(小、中学校は指定図書各学年6点、自由図書各学年5点、高校の部は各学年10点)を第2次審査に送付します。
  2. 第2次(最終)審査 … 九州・山口各県学校図書館協議会の審査会で最終審査を行い、入賞作品を決定します。

入賞発表

2018年1月下旬、西日本新聞朝刊に掲載し各学校に通知します。

表 彰

最優秀賞〈文部科学大臣賞〉
(計5人)
各部を通じて小学校低、中、高学年各1人、中学校1人、
高校1人
優秀賞(計24人)
各部ともに各学年1人、ただし高校は各学年2人
優良賞(計48人)
各部ともに各学年2人、ただし高校は各学年4人
佳作(計195人)
指定図書の部各学年10人、自由図書の部各学年7人
(高校は各学年14人)
入選(計最大889人)
指定図書の部各学年最大41人、自由図書の部各学年最大35人
(高校は各学年最大70人)
努力校賞
取り組みが熱心な学校を各県から5校選び表彰
ENEOS賞
最優秀・優秀賞受賞者を表彰

表彰式

2018年2月4日(日) 福岡市内で表彰予定