西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

「人食いバクテリア」 感染最多 九州は31人 症状急速に進行 死者も

劇症型溶血性連鎖球菌感染症の主な原因となる「A群溶血性連鎖球菌」(国立感染症研究所提供)
劇症型溶血性連鎖球菌感染症の主な原因となる「A群溶血性連鎖球菌」(国立感染症研究所提供)
写真を見る

 手足の強い痛みや、壊死(えし)を引き起こす劇症型溶血性連鎖球菌感染症の今年の患者数が6日現在、全国で302人に上り、過去最多となったことが国立感染症研究所の調べで分かった。このうち九州は全7県で31人。症状が急激に進み、多臓器不全などで死に至ることもあるため「人食いバクテリア」とも呼ばれる。研究所は、手足の傷が急に腫れるなどの症状に注意するよう呼び掛けている。

 同研究所によると、劇症型溶血性連鎖球菌感染症は、手足の痛みや腫れ、発熱などの兆候が出た後、急激に強く痛み、めまいや意識障害などの症状が出る。

 患者数は全国の医療機関の報告に基づいており、現在の統計方式を始めた2006年以降で最多だった昨年の270人を8月初旬に上回った。都道府県別では、東京都の48人が最も多く、大阪府28人、神奈川県23人と続く。高知県を除く46都道府県で報告があり、九州では、福岡県9人▽鹿児島県6人▽佐賀、熊本県各4人▽大分、宮崎県各3人▽長崎県2人-に上る。

 主な病原体は、A群溶血性連鎖球菌という細菌で、しばしば皮膚やのどに付着。症状が出ないことが多く、ほとんどは咽頭炎や皮膚の感染症にとどまる。ただ、まれに傷口などから菌が血液や筋肉に侵入し、劇症型の症状が出る。

 劇症型は、血圧低下や多臓器不全などでショック状態に陥り、発病後数十時間で死に至ることもある。12~14年の劇症型患者712人のうち約3割に当たる207人が亡くなった。今年の死者数は不明。患者は30歳以上が多いという。

 劇症化の原因は詳しく分かっていないが、抗菌薬で治療できるといい、同研究所は「病原菌が入らないよう、けがをしたら傷口を清潔にし、急に腫れ上がったり化膿(かのう)したりした場合は、すぐに病院に行ってほしい」としている。

この記事は2015年09月24日付で、内容は当時のものです。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]