溶けた核燃料、宇宙線で探れ 福島第1原発で実証試験へ

 ミュー粒子観測データを基にコンピューターで画像処理したイメージ図。東海第2原発の格納容器(奥)と手前左上にある燃料プール、その内部の核燃料の位置関係が分かる(高エネルギー加速器研究機構提供)
ミュー粒子観測データを基にコンピューターで画像処理したイメージ図。東海第2原発の格納容器(奥)と手前左上にある燃料プール、その内部の核燃料の位置関係が分かる(高エネルギー加速器研究機構提供)
写真を見る

 宇宙から地球に降り注ぐ宇宙線から生じる「ミュー粒子」を利用し、東京電力福島第1原発事故で溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)を調べる初の実証試験が2月から始まる。関係者は「廃炉で最難関のデブリ取り出しに向けた検討材料を得たい」と期待をかける。

 ミュー粒子は物質を透過する能力が高い一方、ウランなど密度が高い物質にぶつかると、吸収されたり、進む方向が変わったりする性質がある。

 この性質を利用し、上空から降り注ぐミュー粒子を原子炉建屋の周囲で一定期間、観測すれば、エックス線写真のようにデブリの位置や分布範囲が把握できる仕組みだ。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]