それぞれの春(2)勉強法 九大合格者に聞きました

 長く孤独な受験勉強。受験生たちはそれぞれ、自分に合った勉強法を見いだし、目標の大学を目指す。九州大(福岡市東区)では8日、前期試験の合格発表があった。「合格者がいたぞー、バンザーイ、ワッショイ」。在校生による伝統の胴上げが続くキャンパスで、合格者に勉強法を聞いた。

 経済学部に合格した福岡大大濠高(福岡市)の二村祐菜さん(18)は日本史、世界史が苦手。日本、中国、欧州別に手書きの年表を作成していくと、系統的に頭に入っていったという。

 「戦国武将の名前なんかも覚えられなかったが、インターネットを使って予備知識をつかみ、自分なりの人物像を描くと、覚えられた」

 「書く」「流れをつかむ」「イメージで覚える」がキーワードだろうか。

 色違いの付せんを使う「整理術」を生かした生徒もいた。

 法学部に合格した修猷館高(福岡市)の内田佳那子さん(18)。数学が苦手で、赤、青、オレンジなど4~5色の付せんを使い分け、自身の理解度や弱点をつかんだという。

 例えば、問題集で分からない問いにぶつかると、「危険マーク」の赤い付せんを貼った。緑は「もう一度、やり直し」で、青は「先生に即質問行き」。赤い付せんが貼られた問題ばかりを集めたファイル式の赤いノートも作り、役立てた。カラフルで、赤が減っていくのは励みになっただろう。

 「問題が解けないときは、プライドを捨て、高校1年の問題集をもう一度開き、本当に理解できているか、考え直した」。医学部に合格した久留米大付設高(福岡県久留米市)の橋本真治さん(18)はそう話す。一見地味だが、示唆に富む。

 「授業中にあえてノートを取らなかった」。医学部に合格した伝習館高(同県柳川市)の池末淳也さん(18)の勉強法は驚きだった。

 「ノートを取る時間があれば、教科書に書き込めばいいし、頭の中にインプットすることの方が大事」と考えたという。スマホ(スマートフォン)世代の傾向だろうか、「ノートを書くのは苦手」と話した生徒も目立ち、学びのスタイルも変わりつつあるようだった。

 「ここに行きたい。ここしかない」。モチベーション(やる気)を高めるため、池末さんはあえて受験前、九大寮への入居予約を済ませた。退路を断つためだ。「大切なのは学校の授業。受験は時間との闘い、どう生かすかは自分で考えよう」

 「受験は団体戦」と振り返ったのは、文学部に合格した福岡高(福岡市)の井元優花さん(18)。昨年夏ごろから平日は毎朝7時に登校し、夜は7時まで学校で自習。休日も登校し、朝7時から午後5時まで自習。「一人では心が折れそうだった。友だちも頑張っているから、私も頑張れた」と話す。

 「予備校生やってると『おれ、何やってるんだろう?』って、訳わかんなくなる。他の友達は大学生で楽しい生活を送っているのにと。そんな自分といつも闘っていた」。山下俊介さん(20)は2浪して、念願の芸術工学部に合格した。「漫然と授業を受けるのではなく、2浪目は予習中心に切り替えた。学びのポイントも明確になり、効果的だった」

 最も苦しかった時期として、多くの合格者が2月を挙げた。大学入試センター試験を終え、2次試験までのこの期間、受験生たちはもうできることは目いっぱいやっており、不安と緊張ばかりが高まるからだ。

 文学部に合格した熊本高(熊本市)の高城里菜さん(18)は、勉強に集中できないと、アップテンポなロック音楽を聴いたり、カラオケで気分転換した。「好きな歌には〈Past time has no meaning〉(過去を振り返ることに意味はない)なんて、共感できるフレーズもあり、今頑張れって言われている気がした」

 「学校の授業で理解できなかったところがあると、必ず授業直後に先生に聞いた」。医学部に合格した修猷館高(福岡市)の中原舞さん(18)はそう話す。問題の先送りはせず、その日に解消した。だが、不安や悩みを最も打ち明けたのは塾の先生。「家族は応援してくれているし、弱音を吐けない。唯一言えたのが塾の先生。『大丈夫。今できることを頑張っていればいいんだよ』と、背中を押してくれ、救われた」と話した。

 ヤッタネ。自分との闘い、幾重の支えがあって、それぞれの春は開いた。

=2016/03/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]