西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

享保の大飢饉 犠牲者に合掌 川端飢人地蔵尊の夏祭り

たくさんの盆ちょうちんが飾られた「川端飢人地蔵尊」にお参りする人
たくさんの盆ちょうちんが飾られた「川端飢人地蔵尊」にお参りする人
写真を見る

 江戸期の「享保の大飢饉(だいききん)」(1732年)の犠牲者を弔う「川端飢人地蔵尊」の夏祭りが23日、福岡市博多区中洲の同地蔵尊周辺で始まった。

 大飢饉では、博多でも当時の人口の3分の1に当たる約6千人が亡くなったとされる。地蔵尊は飢饉後に建立され、住民らが長年にわたり供養を続けている。

 この日、博多川のほとりの地蔵尊周辺には、近隣の民家などから持ち寄られた盆ちょうちん30張以上が飾られ、午前中から参拝者が次々に訪れては手を合わせていた。近所の女性は「今、食べられることに感謝しなければと思いながらお参りしました」と話した。

 最終日の24日は午後8時ごろから博多川で灯ろう流しがあり、約600個の明かりが水面を照らす。


=2017/08/24付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]