西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

放生会 秋の訪れ 福岡市東区

大勢の参拝客らの前で披露された「御神幸」の行列=12日夕、福岡市東区の筥崎宮
大勢の参拝客らの前で披露された「御神幸」の行列=12日夕、福岡市東区の筥崎宮
写真を見る

 博多三大祭りの一つ、筥崎宮(福岡市東区)の放生会(ほうじょうや)が12日、始まった。境内や約500の露店が並ぶ参道は終日、家族連れや浴衣姿の女性たちでにぎわった。2年に1度の御神幸(みこし行列)が午後6時に始まり、白装束の氏子ら約500人が3基のみこしを担いで厳かに街中を練り歩いた。

 例年、徹夜組もいた限定の縁起物「おはじき」は今年から販売中止となったが、早朝から名物のガラス細工「チャンポン」を買い求める人の姿もあった。

 放生会は万物の生命を慈しむ神事で筥崎宮では1000年以上の歴史があるとされる。18日までの期間中、お上り(14日午後7時)や、コイとハトを放つ放生神事(18日同2時)などがある。境内の特設舞台では博多にわかなども奉納され、100万人の人出が見込まれている。


=2017/09/13付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]