古式ゆかしく御神幸行列 櫛田神社で博多おくんち

牛車に載せたみこしを引いて街を練り歩く博多おくんちの御神幸行列
牛車に載せたみこしを引いて街を練り歩く博多おくんちの御神幸行列
写真を見る

 五穀豊穣(ごこくほうじょう)に感謝する櫛田神社(福岡市博多区上川端町)の秋祭り「博多おくんち」の御神幸行列が24日、博多区であった。みこしを載せた牛車を中心に、古式ゆかしい装束に身を包んだ神職や氏子、稚児など200人以上の行列が博多部一帯を練り歩いた。

 雅楽の調べや金管バンドの演奏とともに、一行は同神社を出発。氏子地域である博多部一帯をゆっくりと回った。

 沿道では、時代絵巻さながらの姿を撮影しようとカメラを向ける観光客も。行列の責任者である「宰領」を務めた同区の嶋田高幸さん(76)は「好天に恵まれて良かった。地域が元気で明るくなるよう祈願して回った」と話した。

=2017/10/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]