「和」に染まる博多の夜 ライトアップウォーク

色鮮やかにライトアップされてにぎわう東長寺
色鮮やかにライトアップされてにぎわう東長寺
写真を見る
博多千年門の前でスマートフォンで写真を撮る和服姿の家族連れ
博多千年門の前でスマートフォンで写真を撮る和服姿の家族連れ
写真を見る
幻想的な光で照らされる承天寺の石庭「洗濤庭」
幻想的な光で照らされる承天寺の石庭「洗濤庭」
写真を見る
正定寺の境内に飾られた明かりには、山笠の男たちが着る長法被の柄があしらわれていた
正定寺の境内に飾られた明かりには、山笠の男たちが着る長法被の柄があしらわれていた
写真を見る
現代美術の光のオブジェが置かれ、異彩を放つ承天寺
現代美術の光のオブジェが置かれ、異彩を放つ承天寺
写真を見る
円覚寺の石庭と塀には、博多祇園山笠にちなんで櫛田神社の紋が映し出された
円覚寺の石庭と塀には、博多祇園山笠にちなんで櫛田神社の紋が映し出された
写真を見る

 しっとり、ほんのり、博多の夜が「和」の色に染まった。福岡市博多区の古刹(こさつ)などを舞台に開催中の「博多ライトアップウォーク2017」。歴史に彩られた庭や建物は七色の光に照らされ、昼間とは異質の空気感。和装の客が行き交う境内では、遠い過去にタイムスリップしたような気分に包まれる。今年のテーマは「博多祇園山笠」。祭りの躍動感を演出するライティングは見どころ満載。会場を訪れた同区の末永裕美さん(41)は「地元の祭りをいろんな人に知ってもらえるのがうれしい」。5日まで午後5時半~9時。当日券1500円。

=2017/11/03付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]