西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

来れ!ほろ酔い応援団 大分・日田の日本酒

写真を見る

 福岡市中央区の天神中央公園で10月6~9日に開かれるFood EXPO Kyushu(フードエキスポきゅうしゅう)「九州うまいもの大食堂」には、7月の九州豪雨で被災した地域の応援ブースも開設。工場や貯蔵庫、原料米などが浸水し、甚大な被害に遭った大分県日田市内の三つの酒蔵が出店の運びとなった。

 いずれの蔵も、懸命の復旧作業で、1カ月を待たずに営業を再開した。得意先が被災したり、宴会自粛の動きがあったりなど状況は厳しいが、自宅が被災した従業員も多く「ここで落ち込んでいる暇はない」「福岡に呼んでもらえてありがたい」と前を向く。

 各蔵イチオシのお酒をいただいた。老松酒造は「山水純米吟醸酒」=写真右。豊かな吟醸香の後に、優しい甘みと酸味が、良いバランスで広がっていく。クンチョウ酒造の「七号純米薫長」=同中=は、日本酒度が+8の辛口ですっきりとしたのどごし。どんな料理にも合い、箸も杯もどんどん進む。

 井上酒造からは大分県唯一の女性杜氏(とうじ)、井上百合さんが手掛けた「百合仕込み特別純米酒」=同左。九州の甘辛い料理に合う酒をテーマにしており、甘口と酸味の醸すハーモニーは、パンチのある白ワインのようだった。

 当日は瓶売りの他、1杯300円からグラス売りも用意している。水郷日田の地酒を飲み比べて、あなたもほろ酔い応援団に!

 ▼Food EXPO Kyushu「九州うまいもの大食堂」 日田復興支援ブースには日本酒だけでなく焼酎もある。10月6~9日の午前10時(6日は午前11時)~午後9時(9日は午後5時)。事務局(福岡商工会議所内)=092(441)1119。


=2017/09/30付 西日本新聞夕刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]