斬新な動きとデザイン からくりおもちゃの世界展

展示作品からマット・スミス作「ガイコツ自転車レース」<br />
展示作品からマット・スミス作「ガイコツ自転車レース」
写真を見る

■13日から、アルティアム 
 ユニークな動きが楽しめる機械仕掛けの人形などを紹介する「からくりおもちゃの世界展」が13日、福岡市中央区天神のイムズ8階、三菱地所アルティアムで開幕する。8月25日まで。

 からくり人形は欧州では「オートマタ」と呼ばれ、古くから王侯貴族の楽しみとして、多くの機械職人たちが技術を競ってきた。近年は現代美術と融合して、さらに斬新な動きとデザインで新たなファンを広げており、特に英国では多彩な作家が意欲的な作品を発表し続けている。

 会場ではマット・スミスが制作した3体の骸骨がユーモラスな動作で自転車をこぐ作品や、ポール・スプーナー、キース・ニューステッドらが本展のために制作した新作など英国の作家を中心に33点を展示する。

 入場料は一般400円、学生300円、高校生以下無料。会期中無休。問い合わせはアルティアム=092(733)2050。

=2013/07/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]