日本の書展 九州展

故高木聖鶴氏「もみぢばのながれてとまるみなとには紅ふかきなみやたつらん」(素性法師)
故高木聖鶴氏「もみぢばのながれてとまるみなとには紅ふかきなみやたつらん」(素性法師)
写真を見る

 現代書壇を代表する書家の秀作を、会派を超えて一堂に紹介する「第45回日本の書展 九州展」が29日、福岡市博多区下川端町の福岡アジア美術館で開幕する。7月4日まで。入場無料。

 日本の伝統文化である書美術の普及と振興を目指して、毎年、巡回展を実施している。2月に亡くなった文化勲章受章者の高木聖鶴さんのほか、九州・沖縄、山口県在住の実績のある書家による「委嘱」や「招待」、各書道団体から推薦を受けた「秀抜選」など、計456点を展示。会場で7月1日午後2時から、書家の二宮欣山さんによるギャラリートークがある。申し込み不要。全国書美術振興会=03(3568)2071。


=2017/06/16付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]