特別展「さだまさしの世界」

さださんが3歳8カ月のときに父から与えられたバイオリン。アーティストの原点となった
さださんが3歳8カ月のときに父から与えられたバイオリン。アーティストの原点となった
写真を見る

 長崎出身のアーティストさだまさしさんの魅力を解き明かす特別展「さだまさしの世界」が10月6日、長崎市出島町の長崎県美術館で開幕する。11月5日まで。

 シンガー・ソングライターを主軸に、小説家、話芸、映画製作といった多彩な顔を持つ「さだまさしの世界」を立体的に表現する。世界的な映像クリエーター松尾高弘氏によるインスタレーションも初公開。レコード盤やCDを用いたオブジェと映像などによって、さださんの音楽の世界を重層的に体感できる。一般1200円(前売り券千円)、大学生・70歳以上900円(同700円)、高校生以下無料。KTN事業部=095(827)3400。


=2017/08/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]