ワークショップコレクション 子どもの好奇心を刺激

ワークショップに参加し、目を輝かせる子どもたち(写真は昨年)
ワークショップに参加し、目を輝かせる子どもたち(写真は昨年)
写真を見る

■19、20日 福岡市旧大名小跡地

 子どもの好奇心を刺激するイベント「ワークショップコレクション ミニ in福岡」が19、20日の2日間、福岡市中央区大名の旧大名小学校跡地「フクオカグロースネクスト」で開かれる。

 イベントは、子どもの創造力や表現力を引き出すワークショップを普及させようと、2004年に東京で始まった。福岡市での開催は昨年に続き2回目で、ホームセンターを経営する「グッデイ」(福岡県那珂川町)などが主催する。

 会場には、県内外の企業や大学などが、「科学とデジタル」をテーマに、18のブースを出展。ゴム磁石を使った動くおもちゃの製作や3Dプリンターによるキーホルダー作りのほか、人の体を模擬的に再現した「人体シミュレーター」を使って心音や心電図の測定を体験できるワークショップもある。入場無料。一部のワークショップは材料費が必要。事務局(グッデイ)=092(953)0369。


=2017/08/14付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]