「アクロス クラシックふぇすた」 30日と10月1日、アクロス福岡

■映画「君の名は。」など演奏

 クラシック音楽に親しむ「アクロス クラシックふぇすた」が30日、10月1日の両日、福岡市中央区天神のアクロス福岡で開かれる。

 「シンフォニック・ブラスの世界」(30日午後5時、シンフォニーホール)では、九州管楽合奏団とテューバ奏者古本大志さんがD・ショスタコーヴィッチの「祝典序曲」などを披露。地元の精華女子高吹奏楽部金管ファンファーレ隊も出演する。「オーケストラの楽器を楽しもう!」(10月1日同3時、同)では、映画「君の名は。」のメドレーなどを中井章徳さんの指揮で楽しむ。両公演セット券1500円(1公演のみは千円)。小学生以下無料。

 1階の円形ホールでは、画家がピアノ演奏などに合わせて巨大なキャンバスに即興で絵を描く「アート・ムジカ」(30日午前11時、無料)もある。

 問い合わせは、アクロス福岡チケットセンター=092(725)9112。


=2017/09/28付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]