鈴木マサルのテキスタイル展

 服飾、インテリアなどに使うテキスタイル(布地)をデザインする鈴木マサルさんの作品を展示する「鈴木マサルのテキスタイル展 目に見えるもの、すべて色柄」が9日、福岡市中央区天神のイムズ8階、三菱地所アルティアムで始まる。来年1月14日まで。

 同展は、鈴木さんがデザインした布地や傘、ラグ、ファブリックパネルなど約100点を用いて空間を構成。色を重ねて柄をつくる「重版」を効果的に生かした奥行きのある配色が特徴的だ。入場料は一般400円、学生300円、高校生以下無料。前売りは各100円引き。問い合わせは、三菱地所アルティアム=092(733)2050。


=2017/12/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]