テキスタイル缶バッジのワークショップ

「重版」が特徴のテキスタイル。この素材を使って、缶バッジを作る
「重版」が特徴のテキスタイル。この素材を使って、缶バッジを作る
写真を見る

 三菱地所アルティアム(福岡市中央区天神・イムズ8階)で開催中の「鈴木マサルのテキスタイル展 目に見えるもの、すべて色柄」の関連イベントとして、テキスタイル(布地)を使った缶バッジを製作するワークショップが17日午後1時、イムズ8階会議室で開かれる。予約不要。受付時間は午後3時までだが、先着100人。

 講師は、テキスタイルデザイナーの鈴木マサルさん。色を重ねて柄をつくる「重版」を生かしたテキスタイルを使用し、直径7・6センチのオリジナル缶バッジを製作する。参加費800円。問い合わせは、三菱地所アルティアム=092(733)2050。


=2017/12/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]