ウィーン少年合唱団 クラシックや童謡など

ウィーン少年合唱団公演のチラシ
ウィーン少年合唱団公演のチラシ
写真を見る

■5月14日 アクロス福岡

 「天使の歌声」として根強い人気を誇る「ウィーン少年合唱団」の公演が5月14日午後7時、福岡市中央区天神のアクロス福岡シンフォニーホールで開かれる。

 合唱団は、1498年に創立。10~14歳の約100人が宮殿で寮生活を送りながら歌の練習に励んでおり、合唱団ゆかりの作曲家名がついた四つのグループに分かれて世界中のコンサートに出演している。

 今回は、ハイドン組が来日。シューベルトの「鱒(ます)」、ロッシーニの「猫の二重唱」などのクラシックから、童謡の「ほたるこい」まで幅広いジャンルの名曲を歌う。指揮は、ジミー・チャン。

 チケットは1月28日から各種プレイガイドなどで発売。S席5千円、A席4千円、B席3千円。5~25歳限定のU25チケット(各チケットの半額)のみアクロス福岡チケットセンターで販売。4歳以下入場不可。西日本新聞イベントサービス=092(711)5491。


=2018/01/25付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]