歌と人生の軌跡紹介 「さだまさし博覧会」

さだの魅力あふれた展覧会になりそうだ
さだの魅力あふれた展覧会になりそうだ
写真を見る

■18日から福岡市・博多大丸
 
 シンガー・ソングライター、さだまさし=長崎市出身=の魅力を紹介する企画展「さだまさし博覧会 in 福岡」が18~23日、福岡市中央区天神の博多大丸本館8階特設会場で開催される。入場無料。

 さだは1973年、フォークデュオ「グレープ」でデビュー。翌年の「精霊流し」が大ヒットし注目される。76年のソロデビュー後も「雨やどり」や「関白宣言」などの名曲を次々と生みだし、今年7月にはソロコンサート4千回を達成。話題を呼んだ。近年は小説家としても評価され、活動の場を広げている。

 本展はさだのデビュー40周年、博多大丸の創業60周年を記念して企画。会場では幼少時にさだが愛用したバイオリンや関連写真などを展示し、その人生と音楽の軌跡を多彩に紹介する。

 問い合わせは博多大丸=092(712)8181。

=2013/09/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]