島谷館長講演会「王羲之愛好と書の魅力」

写真を見る

 九州国立博物館長で日本書道史が専門の島谷弘幸さん=写真=の講演会「王羲之(おうぎし)愛好と書の魅力」が10日午後2時、福岡県太宰府市の同博物館1階ミュージアムホールで開かれる。

 同博物館で同日開幕する展覧会「王羲之と日本の書」のオープニングイベント。「書は読めなくても楽しめる。最初は好きか嫌いかで十分。まず、自分の感性で素直に判断すればいい」と語る島谷さんが、「書聖」と呼ばれた王羲之と日本の書の楽しみ方や魅力を解説する。

 定員280人(先着順)。参加無料。事前申し込みは不要だが、同展の入場券か半券が必要。問い合わせは、西日本新聞イベントサービス=092(711)5491。

=2018/02/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]