1日将棋道場 中田、豊川七段が10人と多面指し

中田功七段
中田功七段
写真を見る

■24日に福岡市

 九州豪雨の被災地を応援する将棋イベント「1日将棋道場」が24日、福岡市中央区天神1丁目の西日本新聞会館14階会議室で開かれる。

 JA筑前あさくらと西日本新聞エリアセンター連合会が朝倉地区の農家を応援する「九州北部豪雨被災地志縁プロジェクト」の一環。福岡市在住の中田功七段と豊川孝弘七段が一度に10人と対戦する多面指しを行う。

 対局料は大人2千円、大学生以下千円。観戦無料。対局料から経費を除いた残りをプロジェクトに寄託する。

 午前10時~午後1時の部、午後2時~同5時の部の計2回あり、各部とも先着40人を募集している。

 希望者は(1)住所(2)氏名(3)年齢(4)連絡先(5)希望の手合割(6)希望の部を明記し、メールかファクス=092(771)0473=で申し込む。「1日将棋道場」係=092(711)5430。メールアドレスは、shogi@nishinippon‐np.jp

=2018/03/12付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]