福岡モーターショー2014 車の未来、多彩に紹介

次世代の車やバイクが多数展示される(前回の会場風景)
次世代の車やバイクが多数展示される(前回の会場風景)
写真を見る

■来年1月24―27日 マリンメッセ福岡など
 
 「クルマの力 未来への力」をテーマに最新の自動車技術を紹介する「福岡モーターショー2014」が2014年1月24~27日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡、福岡国際会議場、福岡国際センターの3会場で開催される。

 福岡県や西日本新聞社などで組織する実行委員会の主催。4回目の開催で前回(12年)は約14万5千人の来場者があった。マリンメッセ福岡ではトヨタ、日産、ホンダ、ダイハツ、スズキ、スバル、マツダ、カワサキの各メーカーが次世代の自家用車、バイクなどを中心に展示。福岡国際センターでは注目の輸入車を紹介する。

 福岡国際会議場では自動車産業をテーマにしたフォーラムや講演会を開く。会場周辺では九州の「ご当地グルメ」の紹介など多彩な関連イベントも行う。

 入場料は一般1300円(前売り1100円)、高校生800円(同600円)。中学生以下無料。チケットは主要プレイガイドで発売中。

 問い合わせは実行委事務局=092(711)5583。

=2013/10/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]