旬の味 楽しもう ふくおかマルシェ「ふれあい商店街」

会場では生産者が手塩にかけて育てた旬の食材や加工品が並ぶ(写真は過去のマルシェ)
会場では生産者が手塩にかけて育てた旬の食材や加工品が並ぶ(写真は過去のマルシェ)
写真を見る

■23、24日 福岡市で開催
 
 九州の旬の味を発信する青空市場「ふくおかマルシェ『ふれあい商店街』」が23~24日、福岡市中央区天神の市役所西側ふれあい広場で開かれる。全労済福岡県本部の創設50周年を記念して企画。入場無料。

 「マルシェ」は生産者と消費者の交流促進を目的に、2009年から毎回さまざまな切り口で開催。今回は昭和の商店街をイメージし、カキなどを来場者が買ったその場で焼いて味わうなど、その場で食材談議を楽しめる機会を増やしているのが大きな特徴。

 西日本新聞連載の「これが旬」や「筑後の酒」の記事で紹介された食品や酒、「田川ホルモン鉄板」(福岡)や「天草しらす丼」(熊本)など地域を代表する多彩な「ご当地グルメ」が味わえる。会場メーンステージでは九州プロレスの試合やちんどん屋・アダチ宣伝社のショーもある。

 午前10時開場。23日は午後7時、24日は午後4時まで。雨天開催。

 問い合わせは全労済福岡県本部=092(739)6100。

=2013/11/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]