輝かしい響き披露 トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン

欧州を代表する名手による演奏が楽しめる
欧州を代表する名手による演奏が楽しめる
写真を見る

■4月14日、福岡市 青少年100人招待
 
 音楽の都・ウィーンの名手たちが参加する室内管弦楽団「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」の公演が4月14日午後7時、福岡市中央区天神のアクロス福岡シンフォニーホールで開催される。

 同楽団はウィーン国立歌劇場とウィーン・フィルの団員を中心にした31人で編成。ソリストにヴォルフガング・トムベック(ホルン)、萩原麻未(ピアノ)を迎え、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番、ベートーベンの交響曲第3番「英雄」などを演奏する予定。

 入場料は全席指定でS席5500円、A席4500円、B席3千円。問い合わせは西日本新聞イベントサービス=092(711)5491。

 クラシック音楽の魅力を若い世代に知ってもらおうと、小学生から24歳までの100人を福岡公演に招待する。応募方法は公式ホームページ=http://www.toyota.co.jp/tomas14/=内の「青少年のための特別プログラム」を参照。2月9日締め切り。応募多数の場合は抽選。問い合わせは公演事務局=03(5210)7555。


=2014/01/30付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]