西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

アメンボ 水面に浮いて 素早く捕まえる

水面に浮いているところ。足先の水面がくぼんだ様子が分かる。足には目に見えない細い毛がたくさん生えており、それによって浮力を得ている
水面に浮いているところ。足先の水面がくぼんだ様子が分かる。足には目に見えない細い毛がたくさん生えており、それによって浮力を得ている
写真を見る
公園の池の片隅(かたすみ)で仲間と群(む)れをつくって泳いでいるアメンボ。こうして泳ぎ回りながら、落ちてくる獲物を捕らえたり、オスはメスを追いかけて交尾(こうび)したりする
公園の池の片隅(かたすみ)で仲間と群(む)れをつくって泳いでいるアメンボ。こうして泳ぎ回りながら、落ちてくる獲物を捕らえたり、オスはメスを追いかけて交尾(こうび)したりする
写真を見る
落ちてきた小さいハエに群(むら)がって体液を吸っているところ
落ちてきた小さいハエに群(むら)がって体液を吸っているところ
写真を見る

 水面をスイスイと泳ぐアメンボは、泳いでいるといっても、実際(じっさい)には体を水に漬(つ)けているのではありません。6本の足先だけを水面上に乗せ、体は宙(ちゅう)に浮(う)かせて、スケートのように滑(すべ)っているのです。普通(ふつう)だったら重い体で足先は沈(しず)み、体が水に着いてしまうはずですが、水の表面張力(ちょうりょく)と浮力(ふりょく)によって浮いているのです。

 その証拠(しょうこ)に、よく見てみると、足が接(せっ)している水面の部分が、アメンボの体の重みでくぼんでいるのが分かります。水面を滑るように行き来しながらのんびりしているかと思うと、突然(とつぜん)すごい速さで仲間と追いかけっこをします。その非常(ひじょう)にすばしっこい動きは、食料となる獲物(えもの)を捕(と)らえる際(さい)に最も発揮(はっき)されます。

 アメンボの獲物となるのは、水面に落ちてくる他の昆虫(こんちゅう)たちです。飛んでいるときや、上の方にある枝先(えださき)などからうっかり水面に墜落(ついらく)すると、そこで待(ま)ち構(かま)えているアメンボが目にも止まらぬ速さで飛びかかって、針(はり)のようにとがった口をその体に突(つ)き刺(さ)して血(体液(たいえき))を吸(す)ってしまうのです。

 田舎(いなか)に住んでいると、雨上がりの路上にできた小さな水たまりに、アメンボが泳いでいるのを見かけることがあります。「どうしてこんなところにいるんだろう」といつも不思議に思っていたのですが、何のことはない、アメンボも空を飛ぶことができるのです。

 アメンボというこの名前、捕(つか)まえて嗅(か)いでみると分かるのですが、あめのような甘(あま)いにおいがするので付けられた名前だったのです。


=2016/05/17付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]