西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

サムライアリ 「奴隷狩り」を繰り返す

クロヤマアリの巣の中から幼虫やサナギをさらって出てくるサムライアリ
クロヤマアリの巣の中から幼虫やサナギをさらって出てくるサムライアリ
写真を見る
奴隷狩りから戻(もど)ってきたサムライアリ。巣口にはこの巣で働いているクロヤマアリたちが出迎(でむか)えている 
奴隷狩りから戻(もど)ってきたサムライアリ。巣口にはこの巣で働いているクロヤマアリたちが出迎(でむか)えている 
写真を見る
サムライアリの口元。クロヤマアリの幼虫やサナギを運ぶためだけに特化した形になっている
サムライアリの口元。クロヤマアリの幼虫やサナギを運ぶためだけに特化した形になっている
写真を見る
クロヤマアリの口元。土を削(けず)り、物を運び、かみ砕(くだ)く。あらゆる用途(ようと)に適(てき)した形になっている
クロヤマアリの口元。土を削(けず)り、物を運び、かみ砕(くだ)く。あらゆる用途(ようと)に適(てき)した形になっている
写真を見る

 ごく近代まで、文明人が未開人を奴隷(どれい)として働かせていたという忌(い)まわしい記憶(きおく)が残っていますが、これは人間だけが持つ知性(ちせい)の中の欲望(よくぼう)から生まれたといってよいでしょう。ところが、この奴隷という行為(こうい)が昆虫界(こんちゅうかい)にあったとしたら誰(だれ)でも驚(おどろ)くことでしょう。

 ここに紹介(しょうかい)するサムライアリは、別種のクロヤマアリを完全な奴隷として働かせて生活しています。真夏の午後、クロヤマアリが出入りして働いている巣から、突然(とつぜん)無数のアリが湧(わ)き出るように出てきたかと思うと、一定の方向に一斉(いっせい)に走りだします。数百匹(ぴき)が何メートルも、時には何十メートルもどんな障害物(しょうがいぶつ)をも乗り越(こ)えてまっすぐに進みます。その先にあるクロヤマアリの巣の中になだれ込(こ)むように入っていき、しばらくすると、幼虫(ようちゅう)やサナギを口にくわえて飛び出してきて、元来た道を大急ぎで帰ります。

 サムライアリがクロヤマアリの巣を襲(おそ)って幼虫やサナギをさらう「奴隷狩(が)り」が行われているのです。サムライアリがなぜこんなことをするのかというと、決して自分で餌(えさ)を集めることはせず、同じ巣で働かせているクロヤマアリからもらって生活しているのです。

 クロヤマアリなしでは生きていけないサムライアリ。その最初の巣の乗っ取りは次のように行われます。空中で結婚(けっこん)飛行をして交尾(こうび)が終わったサムライアリの女王アリは、地上に降(お)りるとクロヤマアリの巣の中に入り込みます。そこにいるクロヤマアリの女王を殺して、自分がその巣の女王になりすまして卵(たまご)を産みます。すると、クロヤマアリたちは、その卵からかえった幼虫を自分たちの仲間と勘違(かんちが)いして育てるのです。

 こうして、その巣はだんだんとサムライアリが増(ふ)え、一方のクロヤマアリは寿命(じゅみょう)がつきて死んでいくので、働き手がいなくなります。そのため、時々近くにあるクロヤマアリの巣を襲って幼虫やサナギをさらってくるのです。


=2016/08/16付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]