ゲンジボタル 幼虫も光る、早春から光る

小雨が降り続く中、川岸の斜面を光りながら上陸していく幼虫の光跡
小雨が降り続く中、川岸の斜面を光りながら上陸していく幼虫の光跡
写真を見る
水辺の石の上を歩いている幼虫。成虫の発光とは異なり、明滅せず、連続して光を発している(右が頭部)。すぐ近くを人が通るなどして刺激を受けると、警戒して光を消し、動かなくなる
水辺の石の上を歩いている幼虫。成虫の発光とは異なり、明滅せず、連続して光を発している(右が頭部)。すぐ近くを人が通るなどして刺激を受けると、警戒して光を消し、動かなくなる
写真を見る
ぬれた地上を歩き続けて軟らかい土の場所を見つけると、その場所に潜りこんで部屋をつくり、サナギになる。尾端で発した光が内部を通して全身を浮き上がらせている
ぬれた地上を歩き続けて軟らかい土の場所を見つけると、その場所に潜りこんで部屋をつくり、サナギになる。尾端で発した光が内部を通して全身を浮き上がらせている
写真を見る

 ホタルの光が見られるのは、まだ2カ月以上も先の初夏の季節だと思われがちですが、実はこの3月の春に入ったばかりの季節にもその光を見ることができるのです。ホタルが発光するのは成虫になってからではなく、実際(じっさい)にはまだ生まれる前の卵(たまご)のときからその発光機能(きのう)は備(そな)わっていて、一生を通して光ることができるようになっています。

 成虫の発光はオスとメスの出会いのコミュニケーションをとるため、とみられています。では、卵や幼虫(ようちゅう)やサナギが発光するのは何のためでしょうか。光って敵(てき)を驚(おどろ)かすとか、単に最初から備わっている機能が何かの刺激(しげき)を受けて光るだけなのか、まだよく分かっていないのです。

 ゲンジボタルの幼虫は川の水底で生活していますが、成熟(せいじゅく)してサナギになるときには夜になって水中から陸上に上がってきます。このとき決まった条件(じょうけん)があります。それは必ず雨が降(ふ)っているか、少し前まで雨が降っていて、地面がまだ十分にぬれていることです。

 このゲンジボタルの幼虫が上陸する時期が、九州では3月から4月上旬(じょうじゅん)なのです。この時期には水中ですっかり大きくなった幼虫たちが、水底から岸辺まで寄(よ)って来て、雨が降り始めるまで待っています。そしていよいよ雨が降り始めると、一斉(いっせい)に上陸を始めます。

 このとき、上陸と同時に発光を開始し、途中(とちゅう)で異常(いじょう)がないかぎりずっと光り続けて行進します。ですから、3月に入って雨が降り続く晩(ばん)があったら、毎年ホタルの光が見られる場所に出かけてみてください。暗い川岸のあちこちに、サナギになる場所を求めて歩いている幼虫たちが発する、その光を見ることができます。


=2017/03/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

[高校柔道動画] 5人抜きオール1本勝ち!

4人抜きからの5人抜きオール1本で大逆転![高校柔道大会 金鷲旗女子決勝]

西日本新聞のイチオシ [PR]