愛称は「唐津Qサバ」

「唐津Qサバ」をPRする坂井俊之唐津市長
「唐津Qサバ」をPRする坂井俊之唐津市長
写真を見る

 佐賀県唐津市は6月24日、九州大と共同開発した完全養殖マサバの愛称を「唐津Qサバ」に決めたと発表しました。全国から1119点の応募があり、飲食業者らが「売り出しやすさ」を重視して選びました。

【紙面PDF】愛称は「唐津Qサバ」

 受精卵から育てる唐津Qサバは、寄生虫アニサキスのリスクが低く、脂の乗りが安定しているのが特徴で、生食に適しているそうです。佐賀県内を中心に2014年秋から販売しています。

 2度の投票や審議の“激戦”を勝ち抜いた愛称に、坂井俊之市長も「九大や究極、クオリティーを連想させる」と太鼓判を押しています。知名度が高い「呼子のイカ」に続く新ブランドに育ってほしいと期待されています。

【紙面PDF】愛称は「唐津Qサバ」


=2016/07/01付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]