【NIE・教育に新聞を】新聞で幅広い視野を育む 福岡県小郡市・小郡高 泉明日美先生

福岡県小郡市・小郡高 泉明日美先生
福岡県小郡市・小郡高 泉明日美先生
写真を見る
授業で新聞記事を選ぶ小郡高の生徒たち
授業で新聞記事を選ぶ小郡高の生徒たち
写真を見る

 福岡(ふくおか)県小郡(おごおり)市にある小郡高校(大久保芳隆(おおくぼよしたか)校長、生徒数712人)は、「文武不岐(ぶんぶふき)」を校是(こうぜ)として、学習、学校行事、部活動のいずれも積極的に取り組んでいます。生徒たちは協力しながら学校生活を送っています。

【紙面PDF】新聞で幅広い視野を育む

 2015年度から、NIE実践(じっせん)指定校として新聞を活用した学習活動を推進(すいしん)しています。昨年度は毎日、6紙の1面記事を掲示(けいじ)し、その違(ちが)いを比較(ひかく)できるようにしました。生徒が自分で選んだ記事について考えを述(の)べ、意見交換(こうかん)するという活動を中心に行いました。

 本年度は、基本的(きほんてき)な活動内容(ないよう)は同じですが、生徒たちが考えたことを深化させ、発信するために、「いっしょに読もう! 新聞コンクール」や高校生を対象とした小論文(しょうろんぶん)コンクールなどに応募(おうぼ)しています。特に、福岡県に関(かか)わる記事を題材とした小論文作成では、地域(ちいき)社会の抱(かか)える問題点や、その解決策(かいけつさく)をみんなで真剣(しんけん)に考えました。

 18歳(さい)以上の高校生にも選挙権(せんきょけん)が与(あた)えられる時代となり、有権者(ゆうけんしゃ)として幅広(はばひろ)い視野(しや)を持つことが求められています。適切(てきせつ)な情報収集(じょうほうしゅうしゅう)に励(はげ)み、社会の動きを見極(みきわ)める力を身につけるために、有意義(ゆういぎ)なNIEの活動を実施(じっし)していきたいと思っています。

【紙面PDF】新聞で幅広い視野を育む


=2016/11/30付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]