西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

【NIE 教育に新聞を】「もの知りタイムズ」で作文練習 5、6年生は毎週ノートに

新聞記事を参考にして作文を書くノートを広げた5、6年生と高山先生(中央)
新聞記事を参考にして作文を書くノートを広げた5、6年生と高山先生(中央)
写真を見る
山あいにある姫治小。周りは自然がいっぱいだ
山あいにある姫治小。周りは自然がいっぱいだ
写真を見る
掲示板には西日本新聞の「もの知りタイムズ」などが張り出されている
掲示板には西日本新聞の「もの知りタイムズ」などが張り出されている
写真を見る
ジュニアこだまに掲載された児童の投稿は「おめでとう」の言葉をそえて掲示されていた
ジュニアこだまに掲載された児童の投稿は「おめでとう」の言葉をそえて掲示されていた
写真を見る

 ●山村留学生もいる山あい小規模校 福岡県うきは市の姫治小

 みなさんは作文が好きですか。書くのは苦手で、どんな練習をしたらいいか分からないかもしれません。そんな人の参考になるのが、福岡(ふくおか)県うきは市の姫治(ひめはる)小の取り組みです。うれしいことに「もの知りタイムズ」の記事を活用しています。同校を訪(たず)ねて取材しました。

【紙面PDF】NIE 教育に新聞を 「もの知りタイムズ」で作文練習 5、6年生は毎週ノートに

 姫治小は緑豊(ゆた)かな山あいにある。夏には川遊びができる清流に近く、野鳥のさえずりも聞こえる。

 校舎(こうしゃ)は鉄筋(てっきん)コンクリートの3階建て。かつては100人くらいの児童がいたが、過疎化(かそか)が進み、現在(げんざい)は10人。このうち4人は福岡市や熊本(くまもと)市などから来た山村留学生(りゅうがくせい)だ。袋野美幸(ふくろのみゆき)校長は「小規模(きぼ)校で少人数だから、きめ細かな教育ができます」と穏(おだ)やかに話す。

 記者が同校を知ったきっかけは、もの知りタイムズ日曜付の子ども投稿欄(とうこうらん)「ジュニアこだま」だった。5、6年生4人が投稿し、どの文章もよく書けていたのだ。作文を教えている主幹教諭(しゅかんきょうゆ)の高山恭子(たかやまきょうこ)先生(51)に、どんな練習をしているのかを聞いた。

 ■週末ごとに200字

 もともと、うきは市内の小中学校では、宿題とは別の課題に取り組む「プラス1(ワン)学習」をしている。そのために4年生以上が使っている「プラス1ノート」を、高山先生は活用した。

 まず、このノートに(1)新聞記事(2)先生からの「問い」(3)200字詰(づ)め原稿用紙-のコピーをはって、金曜日に5、6年生の児童に渡(わた)す。例えば、もの知りタイムズのこども記者が勤労感謝(きんろうかんしゃ)の日に書いた記事を使い、「感謝の気持ちをつづった記事を参考にして、自分がお世話になっている方への感謝の気持ちをまとめましょう」と呼(よ)びかけた。

 また、教育アドバイザーが「自分が習い事やテレビなどに使っている時間を書き出して、むだな時間に気付き、使える時間をふやそう」と書いた記事を示(しめ)し、「自分の使える時間をふやせるか、できないか、自分の考えとその根拠(こんきょ)を書きましょう」と促(うなが)した。

 児童は週末の休みに自宅(じたく)などで作文を書き、月曜に高山先生へ提出(ていしゅつ)する。先生は、よく書けている部分に丸をつけ、必要な修正(しゅうせい)をし、アドバイスや励(はげ)ましの言葉を添(そ)えて児童に返す。

 ■認めてもらい自信に

 こんな作文の練習は昨年10月に始めた。全国学力・学習状況調査(じょうきょうちょうさ)(全国学力テスト)で、うきは市の子どもの課題は国語力の向上だと分かったからだ。

 作文の練習について、6年生の立石弦也(たていしげんや)君(12)は「文章を考えるのは大変だけど、以前より簡単(かんたん)に書けるようになった」と言う。「記事の筆者の考えと自分の考えを比(くら)べられるようになった」という児童もいる。「ジュニアこだま」の新年特集に投稿が掲載(けいさい)された5年生の碓井朱李(うすいあかり)さん(11)は元日の朝、新聞に孫の名前を見つけた祖父(そふ)から起こされ、家族にほめられ、かつては苦手だった作文への意欲(いよく)が高まったという。

 高山先生は「児童たちは伝えたいことを書く練習を繰(く)り返(かえ)し、認(みと)めてもらうことで自信がついているようです」と話している。

 ▼姫治(ひめはる)小の2017年度山村留学生(りゅうがくせい)募集(ぼしゅう) 対象は3~6年生で、留学の期間は基本的(きほんてき)に1年間。自然豊(ゆた)かな環境(かんきょう)で学びながら、ホタルの鑑賞会(かんしょうかい)や田植えなどの農業体験、川遊びなどができる。山村交流センターで指導員(しどういん)と一緒(いっしょ)に生活し、週末は親元に帰る。費用は月約4万円。問い合わせは同校=0943(77)3109=へ。

【紙面PDF】NIE 教育に新聞を 「もの知りタイムズ」で作文練習 5、6年生は毎週ノートに


=2017/02/04付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]