【NIE 教育に新聞を】気になった記事、帰りの会で感想 福岡市博多区・那珂中 國政耕二先生

福岡市博多区・那珂中 國政耕二先生
福岡市博多区・那珂中 國政耕二先生
写真を見る
班で協力して新聞から記事を探す那珂中の生徒たち
班で協力して新聞から記事を探す那珂中の生徒たち
写真を見る

 福岡(ふくおか)市博多(はかた)区の那珂(なか)中学校(吉村浩(よしむらひろし)校長、生徒数727人)は、部活動がさかんで県大会や九州大会にも出場しています。

【紙面PDF】気になった記事、帰りの会で感想 福岡市博多区・那珂中 國政耕二先生

 2015年度から2年間、NIE実践(じっせん)校に指定され、取り組みとして全校生徒が通る廊下(ろうか)に6紙の新聞を並(なら)べた新聞コーナーを設置(せっち)しました。帰りの会では、生徒が新聞から気になった記事を抜(ぬ)き出(だ)し、内容(ないよう)と感想を1分間で発表しました。ネット社会で育っている生徒たちにとって、新聞に触(ふ)れることは、新鮮(しんせん)でたくさんの発見があったようです。

 社会科の授業(じゅぎょう)では、一つの記事を多角的に見て、表現力(ひょうげんりょく)を養いました。班(はん)で協力して、新聞の大事なところにラインを引いて内容をまとめ、発表しました。また、他の班の意見を聞いて、反論(はんろん)を述(の)べ、自分の意見を発表することもできました。ニュースの細かな内容まで載(の)っている新聞を読むことは大事だと思った生徒もたくさんいました。

 私(わたし)自身も勉強になった2年間でした。これからも、新聞を使った実践を続け、大人だけでなく、子どもにも情報(じょうほう)を取り入れる一つの材料として気軽に触れることができるようにしていければと思います。

【紙面PDF】気になった記事、帰りの会で感想 福岡市博多区・那珂中 國政耕二先生


=2017/02/22付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]