【おしごと拝見】こだわりのベビー服作り 赤ちゃんの城(福岡県久留米市)

真っ白なベビー服が縫い合わされていた
真っ白なベビー服が縫い合わされていた
写真を見る
完成したベビー服。小さくてかわいかった
完成したベビー服。小さくてかわいかった
写真を見る
赤ちゃんの体つきを知るために置いてある人形。全長50センチ、重さ3キロと、実物に近い大きさだ
赤ちゃんの体つきを知るために置いてある人形。全長50センチ、重さ3キロと、実物に近い大きさだ
写真を見る
堤志保美さん
堤志保美さん
写真を見る
ベビー服できるまで(上)
ベビー服できるまで(上)
写真を見る
ベビー服ができるまで(下)
ベビー服ができるまで(下)
写真を見る

 ●肌にやさしく 品質管理を徹底

 小さくて、ふわっと柔らかい。赤ちゃんが着る洋服って、なんだか優しい気分にさせてくれますね。そんなベビー服を、丁寧に国内で作っている会社が福岡県久留米市にあります。「赤ちゃんの城」です。工場などを見学して、会社の魅力を探りました。

【紙面PDF】おしごと拝見 こだわりのベビー服作り 赤ちゃんの城

 「赤ちゃんの城」ではベビー服のほか、赤ちゃん用のふとんなども作っている。商品企画室長の木村義晴さん(62)に社内を案内してもらった。

 工場に入ると、ダダダとミシンの音が聞こえてきた。働く人たちはもくもくと手を動かしている。生地の裁断、縫い合わせ、ボタン付けなど、担当する仕事が決められていた。いま日本で売られている服は外国製のものが多いが、木村さんは「品質管理に目が届くよう、国内の自社工場で作っています」と説明する。

 特に気をつかっていることは、折れたミシン針の管理。破片が商品にまじっては大変だ。針にはすべて番号をふり、折れた場合は状況などを記録。破片も全て探し出して保管していた。

 「肌着に使う生地を触ってみて」と木村さんにうながされ、手にとってみた。とても柔らかい。「赤ちゃんは肌が敏感。肌にやさしい天然の綿で作ることが大事」と木村さんは言う。

 メーカー名や洗濯表示のタグも、赤ちゃんの肌には刺激になる。だから肌着の場合は外側に、洋服の場合はおむつに当たる位置に付けて、赤ちゃんの肌に直接当たらないよう工夫していた。木村さんは「言葉を話せない赤ちゃんは『いや』と言えず、不快なときは泣きます。泣かせないように、できるだけのことをしてあげたい」と話していた。

 社内には、洗濯機や物ほし台もあった。洗濯して生地の縮みが大きくないかをチェックするためだ。生地の染料に有害物質が含まれていないかを検査する機械も備えられていた。

 最後に木村さんに仕事のやりがいを聞くと、うれしそうに答えてくれた。「うちの商品を着た赤ちゃんが、かわいいとほめられること」
(中野由莉記者、古川結菜(ゆうな)記者)

 ●丁寧に美しく ベビードレス担当・堤さん

 「赤ちゃんの城」で15年間働く堤志保美さん(50)は、赤ちゃんがお祝いの日に着るベビードレスを作っている。すぐれた技能と経験を持つ「ものづくりマイスター」(厚生労働省認定)でもある堤さんに話を聞いた。

 堤さんが作業するミシンの横には、レースが付いた真っ白でふわふわのドレスがたくさんつるされていた。堤さんの仕事は、裁断された生地を1枚ずつ縫い合わせ、ドレスを完成させること。丁寧に美しく縫う技術が求められる。

 高級素材として知られるシルクを扱う場合も多いから、自分の手で生地を傷めないよう、手荒れ予防は欠かせない。夜寝る前には必ずハンドクリームをぬるそうだ。でも会社ではぬらないようにしている。「クリームの香料がドレスに移ってはいけないから」。細かい気配りに驚いた。

 ベビー服作りには、どんな性格の人が向いているのだろう。堤さんは「縫うことが好きなことはもちろん、やっぱり子どもが好きな人ですね」と話していた。
(小宮衣織記者、塙小桜(ばんこはる)記者)

 ◆ベビー服ができるまで

(1)パソコンの画面上でデザインを考える。
(2)立体的な服を平面の設計図(型紙)としてコンピューターで描き起こす=写真(上)。
(3)生地に有害物質などが含まれていないかを検査する。
(4)生地を台の上でまっすぐに広げる。しわなどを取り、一度にたくさん裁断しやすいよう必要な枚数を重ねる。
(5)(2)のコンピューターから送られたデータをもとに、生地をロボットで裁断する=写真(下)。
(6)裁断された各パーツを縫い合わせて、衣類の形に仕上げていく。
(7)商品に針などが混入していないか検査する。
(8)手で一つ一つ包装する。

【紙面PDF】おしごと拝見 こだわりのベビー服作り 赤ちゃんの城


=2017/04/01付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]