西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

九州新幹線の「基地」を探検 JR九州熊本総合車両所(熊本市)

車両所内の台車検修場で台車検査を受ける800系新幹線
車両所内の台車検修場で台車検査を受ける800系新幹線
写真を見る
新幹線の安全を支える台車について聞く
新幹線の安全を支える台車について聞く
写真を見る
ハンマーでボルトを打ち、緩みを検査する整備士の永瀬さん(左)
ハンマーでボルトを打ち、緩みを検査する整備士の永瀬さん(左)
写真を見る

 ●「大動脈」 安全に、快適に

 博多(はかた)(福岡(ふくおか)市)-鹿児島(かごしま)中央(鹿児島市)間の288・9キロを最速1時間17分で結ぶ鉄道の「大動脈」として観光や経済(けいざい)を支(ささ)える九州新幹線(しんかんせん)。唯一(ゆいいつ)の車両基地(きち)として安全な運行に大きな役割(やくわり)を果たしているのがJR九州の熊本総合(くまもとそうごう)車両所(熊本市南(みなみ)区)です。鉄道が大好きなこども記者5人が所内を探検(たんけん)。整備(せいび)の現場(げんば)や昨年の熊本地震(じしん)で新幹線が脱線(だっせん)した際(さい)の復旧(ふっきゅう)作業について取材しました。

【紙面PDF】九州新幹線の「基地」を探検 JR九州熊本総合車両所

 ■検査の種類は四つ

 博多(はかた)駅から新幹線(しんかんせん)と在来線(ざいらいせん)に乗り富合(とみあい)駅で下車。車両所は駅に隣接(りんせつ)しているが、15分歩いても入り口に着かない。「歩いても歩いても先がある」(森陽太(もりようた)記者)。車両所に着くと所長の大坪孝一(おおつぼこういち)さん(50)が出迎(でむか)えてくれた。「この車両所の総面積(そうめんせき)は約20万平方メートル。ヤフオクドーム(福岡(ふくおか)市)のほぼ3個(こ)分あります」という説明に5人は驚(おどろ)いた。

 大坪さんは「九州(きゅうしゅう)新幹線が安全で快適(かいてき)に走れるようにすることが車両所の大きな仕事」と話し、(1)仕業検査(しぎょうけんさ)(2日に1度)(2)交番検査(走行3万キロごとまたは30日以内)(3)台車検査(60万キロごとまたは18カ月以内)(4)全般(ぜんぱん)検査(120万キロごとまたは36カ月以内)という主に4種類の点検作業を約400人の整備士(せいびし)らで行っていることを教えてくれた。永井晨翔(ながいあきと)記者は「新幹線にも自動車の車検のような制度(せいど)がある」と知り、西村律希(にしむらりつき)記者は「新幹線が目的地に安全で正確に到着(とうちゃく)できるのは念入りな検査があるからだ」と感じた。

 ■安全支える耳と指

 副所長の城水常宏(しろみずつねひろ)さん(44)の案内で台車検査を受けている車両を見に行った。所内には23本の線路が走っている。線路を横切るごとに城水さんは「右よし、左よし」と指差しながら声に出して安全を確認(かくにん)。5人も声を合わせた。

 台車検修(けんしゅう)場では点検用の台座(だいざ)に6両編成(へんせい)の800系(けい)新幹線の巨大(きょだい)なボディーが載(の)せられていた。台車検査では車輪まわりを特に念入(ねんい)りにチェックする。技術(ぎじゅつ)課の永瀬友貴(ながせともき)さん(29)が「検査用の機器も使いますが人間の耳も大事」とハンマーでボルトの頭をたたいて緩(ゆる)みを調べる「打音検査」のやり方を教えてくれた。

 研修用(けんしゅうよう)の2本のボルトを永瀬さんがたたくと1本からはカーンという高い音、もう1本からはやや低い音がした。永瀬さんは「音が低いボルトは緩んでいる可能性(かのうせい)がある。必ず締(し)まる方向にたたき、より正確に振動(しんどう)を感じるために指を添(そ)えることが大事」と説明した。検査を体験した志垣大和(しがきやまと)記者は「微妙(びみょう)な音の違(ちが)いを聞き分けるには大変な経験(けいけん)が必要。普通(ふつう)の人には絶対(ぜったい)にできない」と感心した。

 ■寝坊させない装置

 点検作業は24時間体制(たいせい)で、整備士(せいびし)らが仮眠(かみん)を取る休養室のベッドには絶対に寝坊(ねぼう)させないための「自動起床装置(きしょうそうち)」が備えられていた。他の休憩(きゅうけい)者に配慮(はいりょ)して無音でマット下のゴム袋(ぶくろ)にポンプで空気が送(おく)り込(こ)まれ、背中(せなか)が押(お)し上(あ)げられて目が覚める。装置を体験した5人のうち、花田麻央(はなだまお)記者だけが「私はこのくらいでは目覚めない」と豪語(ごうご)し、「整備士さんは眠(ねむ)っていても『時間通り新幹線を動かす』という責任感(せきにんかん)があり、目が覚めるのだ」と考えた。

 ■復旧作業に力尽くす

 昨年の熊本地震(じしん)では6両編成の800系回送列車の全車両が脱線(だっせん)し、車両所は復旧(ふっきゅう)作業に力を尽(つ)くした。余震(よしん)の中で行われたジャッキを使って車体を線路に載せる載線(さいせん)作業など現場(げんば)の様子を聞いた永井記者は「載線した車両を人が押して移動(いどう)させたことに驚いた」。志垣記者は「人と人が協力することで強く大きな力が生まれる」と感じた。

 城水さんは「新幹線を復旧させることが地震からの復興(ふっこう)につながるとみんな信じていた」と振(ふ)り返(かえ)る。地震から1年が過(す)ぎたが脱線した車両はまだ通常(つうじょう)運転に復帰していないと聞いた森記者は「地震からの復興はこれからだ。僕(ぼく)も応援(おうえん)していく。がんばれ熊本!」と強く思った。

 ●「作業には絶対の自信を」 整備士の仕事を聞く

 整備士(せいびし)歴10年で、新幹線を担当(たんとう)して6年になる永瀬友貴(ながせともき)さんに仕事について話を聞いた。

 -列車の整備士になるために必要な勉強は?

 「JR九州に入社してから整備士として必要な検査(けんさ)の資格(しかく)などを取って技能(ぎのう)を高めていくので、今は普段(ふだん)の勉強をがんばってください」

 -一つの車両編成(へんせい)で点検(てんけん)項目(こうもく)はいくつくらいありますか?

 「車輪回りから内装(ないそう)まで含(ふく)めると1500ぐらいはありますね。800系(けい)は内装にこだわっていて、木材やアルミなどさまざまな素材(そざい)を使っているので、材質(ざいしつ)に応(おう)じた点検が必要です」

 -やりがいを感じるときは?

 「お客さまが新幹線の中でくつろいでいる様子を見るとうれしいですね。その一方で大きな責任(せきにん)も感じ、気持ちをひきしめます」

 -どんな気持ちで仕事に取り組んでいますか?

 「乗り物は整備のミスや手抜(てぬ)きが一つでもあれば大きな事故(じこ)につながる。新幹線を担当するときに、先輩(せんぱい)から在来線(ざいらいせん)の列車とは速度が違(ちが)う(800系の最高運転速度は時速260キロ)ので、さらにしっかり点検を行うように教え込(こ)まれた。自分がした作業を常(つね)に確認(かくにん)し、絶対(ぜったい)に大丈夫(だいじょうぶ)という自信を持って車両所から送り出せるように心がけています」

 ▼九州旅客鉄道熊本総合(くまもとそうごう)車両所 熊本市南(みなみ)区富合(とみあい)町(まち)。JR西日本(にしにほん)の博多(はかた)総合車両所(福岡(ふくおか))、JR東日本(ひがしにほん)の新幹線総合車両センター(宮城(みやぎ))に次ぐ、全国3番目の新幹線総合車両基地として2010年11月に開設(かいせつ)。最大13編成(へんせい)を収容(しゅうよう)し、約20万平方メートルの敷地(しきち)に点検(てんけん)を行う検修(けんしゅう)場や車体の洗浄装置(せんじょうそうち)などさまざまな施設(しせつ)や装備(そうび)がある。見学の申(もう)し込(こ)みは同車両所見学受付専用(せんよう)ダイヤル=096(357)7272。

【紙面PDF】九州新幹線の「基地」を探検 JR九州熊本総合車両所


=2017/04/22付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]