【NIE 教育に新聞を】記事を読んで感想まとめよう 新聞コンクール作品募集

写真を見る

 新聞を読んで興味(きょうみ)を持った記事の感想を書く「いっしょに読もう! 新聞コンクール」に応募(おうぼ)してみませんか。コンクールの意義(いぎ)について、福岡(ふくおか)県NIEアドバイザーで春日東中教頭の森祐洋(もりまさひろ)さんが意見を寄(よ)せてくれました。

【紙面PDF】NIE 教育に新聞を 記事を読んで感想まとめよう 新聞コンクール作品募集

 皆(みな)さんは気候変動や憲法(けんぽう)改正について関心がありますか。私(わたし)が中学生と接(せっ)していて感じることは、生徒の多忙(たぼう)さです。部活動や塾(じゅく)などに費やす時間が多く、自分のことだけで精(せい)いっぱいとなり、日本や世界の出来事への興味(きょうみ)が薄(うす)れていると感じています。小学生や高校生も同じだと思います。

 しかし入試制度(せいど)は大きく変わり、教科書の内容(ないよう)を覚えることがゴールではなくなっています。また、今後さまざまな場面でよりよい社会のあり方を考える能力(のうりょく)も求められます。

 ぜひ新聞を手に取り、関心のある記事を見つけ、自分の意見をまとめてください。そして、家族や友達と意見交換(こうかん)をしてみてください。新たな発見や驚(おどろ)きがあるはずです。それが視野(しや)を広げ、社会のあり方について考えてみるきっかけとなるでしょう。

 ▼第8回いっしょに読もう! 新聞コンクール 小中高生、高専生(こうせんせい)が対象で新聞記事は2016年9月9日から17年9月7日までのもの。記事についての感想と、家族や友人の意見を聞き、提言(ていげん)をまとめる。締(し)め切りは9月8日。応募用紙はNIEウェブサイト(http://nie.jp/)からダウンロードできる。問い合わせは日本新聞協会=03(3591)4410。

【紙面PDF】NIE 教育に新聞を 記事を読んで感想まとめよう 新聞コンクール作品募集


=2017/06/28付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]