西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

第7期こども記者が卒業<下>世界が広がった。伝えることの難しさも知った

マリンワールド海の中道では、ショーを終えたイルカに触れてみた=2017年5月6日掲載
マリンワールド海の中道では、ショーを終えたイルカに触れてみた=2017年5月6日掲載
写真を見る

 きょうは2日に続いて「こども記者卒業特集」です。7月末で1年間の任期(にんき)を終えた「もの知りこどもタイムズ」の第7期こども記者の感想を紹介(しょうかい)します。こども記者たちは今後「こども特派員(とくはいん)」として、学校や地域(ちいき)の話題を取材する予定です。

【紙面PDF】第7期こども記者が卒業<下>世界が広がった。伝えることの難しさも知った

 ●高瀬 響希記者

 今まで読まなかった新聞に目を通すようになり、取材でさまざまな知識(ちしき)を得ることができた。学年や学校の違(ちが)う人とも仲良くなれた。普段(ふだん)書かない詩も書けた。 (福岡市・三宅中1年)

 ●高山 絢巳記者

 取材した絵本作家安野光雅(あんのみつまさ)さんの作品は「不思議」であふれていた。こども新聞サミットでは平和について考えた。取材で学んだことを普段(ふだん)の生活に生かしたい。 (福岡県筑前町・三輪小6年)

 ●竹元 美結記者

 「あっという間」という気持ちで終わって良かった。ほかの学校にたくさん友達ができてよかった。取材だけでなくいろいろなことを体験できた。 (福岡市・東花畑小6年)

 ●立川 花菜記者

 新聞に記事がのるたび、みんなに「新聞にのってたね」「花菜ちゃんの詩すごい」と言ってもらえた。普段(ふだん)体験できないこともできた。今後に生かしたい。
 (福岡県新宮町・新宮小6年)

 ●田上 桜菜記者

 普段(ふだん)の生活にいろんな人が関わっていることが分かった。取材すると、知らなかった工夫や大変さ、楽しさが分かった。今後もいろんなことに挑戦(ちょうせん)したい。
 (福岡県篠栗町・勢門小5年)

 ●堤 愛富記者

 貴重(きちょう)な経験(けいけん)をさせてもらった。取材中に話を聴(き)きながらメモするのは難(むずか)しかったが、記事を書くときにとても役立った。取材のときの写真は宝物(たからもの)だ。 (福岡市・東福岡自彊館中2年)

 ●永井 晨翔記者

 電車の取材では、運転や点検(てんけん)体験など、言葉では理解(りかい)しにくいことや、運転士さんの忙(いそが)しさや緊張(きんちょう)が分かった。学校では教えてもらえないことを学べた。 (福岡県新宮町・立花小5年)

 ●中川 智裕記者
 礼儀(れいぎ)を学んだ。取材時のあいさつで、背筋(せすじ)を伸(の)ばさないと「だめだな」と思われる。だから、学校であいさつするときもそうしている。今後も礼儀正しく頑張(がんば)りたい。 (北九州市・洞北中1年)

 ●永田 莉子記者

 ジャパネットたかたを取材して、改めて「こども記者になって良かった」と思った。良い経験(けいけん)ができた。取材で学んださまざまなことを学習に生かしたい。 (福岡市・西花畑小6年)

 ●中西 蓮記者

 他の学校の人と一緒(いっしょ)に取材するのは楽しかった。仲の良いこども記者もできた。自分から話し、自分とは違(ちが)う人とも仲良くなることが大切だと感じた。
 (福岡県大野城市・大利小6年)

 ●中野冴弥子記者

 取材することの大変さと、知らないことを学ぶ楽しさを知った。きらいだった作文も楽しく書けるようになった。普段(ふだん)の1年よりも、得たものは大きかった。 (福岡市・高取小6年)

 ●中野 由莉記者

 心に残ったのは雅楽(ががく)体験だ。昔の音楽を知り、歌や楽器により興味(きょうみ)がわいた。記事を書くのは大変だったが、いろいろな人の話を聞くという良い経験(けいけん)ができた。
 (福岡市・小笹小6年)

 ●中村 葵記者

 取材したのは、福岡(ふくおか)市動物園の慰霊祭(いれいさい)と、到津(いとうづ)の森公園のマダガスカルの動物の生態(せいたい)だ。知らないことを学べて、楽しくさまざまな体験ができた。 (佐賀県唐津市・七山小5年)

 ●西岡 樹希記者

 取材は2回しか参加していないが、一生に一度しかないような経験(けいけん)を2回もできたからうれしい。遠く離(はな)れた小中学校の人たちとも仲良くなれて良かった。
 (福岡県筑前町・三輪小6年)

 ●西村 律希記者

 興味(きょうみ)があった列車の取材ができた。普段(ふだん)行けない場所に行き、貴重(きちょう)な体験ができて、とても楽しかった。取材でさらにさらに列車が好きになった。
 (福岡県古賀市・花鶴小5年)

 ●野田 すず記者

 熊本(くまもと)市動植物園の取材では、立ち入り禁止(きんし)の場所に入り、こども記者だから知ることができることがあった。1年がとても早く、もっとやりたかった。
 (佐賀県鳥栖市・基里小6年)

 ●硲 美波記者

 こども記者になり、世界が広がった。新聞にあまり興味(きょうみ)がなかったが、毎日読むようになった。普段(ふだん)会えない人に話を聴(き)くことができて楽しかった。取材したことを記事にまとめて伝えることがどれだけ難(むずか)しいかも知った。一番心に残ったのはホークスの取材で、選手の活躍(かつやく)の裏(うら)でいろいろな人が働いていることに感動した。
 (福岡市・西新小6年)

 ●花田 麻央記者

 取材内容(ないよう)を原稿(げんこう)にするときには、取材した人たちの気持ちが正確(せいかく)に伝わるように気を付けた。みんな違(ちが)う世界の人だが、みんな一生懸命(いっしょうけんめい)で、苦労しながら人を喜ばせたり、人のためにしているということ。最初は文章に自信がなかったが、目標としていた、子どもから大人まで分かりやすい文章が書けるようになったと思う。
 (福岡市・姪浜中1年)

 ●浜野 祥喜記者

 初めての取材は不安だったが、今では積極的に質問(しつもん)ができるようになった。熊本(くまもと)市動植物園の取材では、早く全面再開(さいかい)したいという園長さんの思いを記事にした。 (福岡市・壱岐小5年)

 ●塙 小桜記者

 知らない世界のことが分かったり、大人とたくさん会話したり、社会の広さを実感できた。この体験をきっかけに、社交性(せい)のある積極的な大人になりたい。 (福岡市・香椎第2中3年)

 ●古川 結菜記者

 大切なことを文章でまとめる力がついた。取材をして、大事な部分だけを記事にすることは難(むずか)しかったが、何回か取材するうちに、いらないところは省き、必要なところだけをまとめるということができるようになった。また、取材場所に行ったことがない人にも分かるよう、五感を使って表現(ひょうげん)するような工夫もできた。 (福岡市・高宮中1年)

 ●宝珠山泰地記者

 雅楽(ががく)やニホニウムの取材など、どきどき、わくわくの体験だった。人に伝えることの難(むずか)しさや、人とのコミュニケーションの大切さが分かった。 (北九州市・敬愛小6年)

 ●堀本 祐良記者

 初めて記事を書いたとき、どんな紙面になるのかよく分からなかった。でも紙面になると伝えたいことがまとめられ、とても魅力的(みりょくてき)な内容(ないよう)になっていた。だから新聞記者という仕事に興味(きょうみ)を持った。どんな仕事も一人ではできないということが分かった。学校でもみんなと協力して、一つのことを成せればいいと思う。 (福岡市・舞鶴小6年)

 ●本多 真麻記者

 取材では、なかなかできない体験をしたり、いつも来ていた場所でも新たな発見があったりした。いろいろな場所に行き、いろいろな人に会えた。(福岡県大野城市・大野南小5年)

 ●松下陸寿夢記者

 取材経験(けいけん)を重ねると新しい仲間ができ、緊張(きんちょう)が徐々(じょじょ)に楽しみへと変化した。この1年で人とのコミュニケーション力や知識(ちしき)がつき、成長した。
 (福岡市・香椎第3中1年)

 ●明神 悠花記者

 一番頑張(がんば)った取材は「天神まち歩き体験」だ。水鏡天満宮(すいきょうてんまんぐう)や赤煉瓦(あかれんが)文化館など、福岡の歴史についてとても勉強になった。本当に良い経験(けいけん)ができた。 (福岡市・大池小6年)

 ●向井 友世記者

 印象に残ったのはホークスの取材。記者として選手を近くで見たり、インタビューしたりして、とても良い経験(けいけん)ができた。他校のこども記者とも友達になれた
 (福岡県筑前町・三輪中1年)

 ●森 陽太記者

 九響(きゅうきょう)の練習を見て感動した。平成筑豊(ちくほう)鉄道で列車を運転した。新幹線基地(しんかんせんきち)では熊本地震(くまもとじしん)の被害(ひがい)の大きさを知った。いろいろな経験(けいけん)をし、多くの人に会えて楽しかった。(福岡市・香椎下原小6年)

 ●森山 由里記者

 平川動物公園ではコアラを間近に見ることができ、動物についての新しい発見がたくさんあった。こども記者で学んだ多くの経験(けいけん)を、学校や生活に生かしたい。
 (福岡市・飯倉小6年)

 ●横山 直穂記者

 心に残ったのはシロウオの取材。川の水が冷たかったが卵(たまご)を産みやすい環境(かんきょう)にしようと石を置いていたら楽しくなり、最後は寒くなくなった。1年間楽しかった。
 (福岡市・若久小5年)

 ●吉岡 楓記者

 一番印象に残ったことは、たくさんの友達ができたことだ。学校も学年も違(ちが)う人たちと一緒(いっしょ)に取材したり、ご飯を食べたりと、たった1年間でたくさんの人と友達になることができて、とてもうれしかった。最初は、たくさんの緊張(きんちょう)と不安で胸(むね)がいっぱいだったが、今は、たくさんの楽しかった思い出で胸がいっぱいだ。 (福岡市・青葉中2年)

 ●吉田 瑞希記者

 福岡(ふくおか)市総合(そうごう)図書館では、普段(ふだん)見えないところを知ることができた。谷川俊太郎(たにかわしゅんたろう)さんの取材では、谷川さんの人柄(ひとがら)に触(ふ)れることができた。全て貴重(きちょう)な経験(けいけん)だ。
 (福岡市・西南学院中1年)

【紙面PDF】第7期こども記者が卒業<下>世界が広がった。伝えることの難しさも知った


=2017/08/03付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]