【きょうのテーマ】和白干潟で生き物観察 上手に共生 貝やカニ、“海のミミズ”も 渡り鳥の越冬地に

岩のうらにいる生き物もさがした。その後、岩は元通りにしないといけない
岩のうらにいる生き物もさがした。その後、岩は元通りにしないといけない
写真を見る
海のミミズともいえる「ゴカイ」の仲間
海のミミズともいえる「ゴカイ」の仲間
写真を見る
見つけた生き物たちについて、藤井さん(右)が解説してくれた
見つけた生き物たちについて、藤井さん(右)が解説してくれた
写真を見る
テッポウエビを見つけた
テッポウエビを見つけた
写真を見る
色あざやかなアカテガニ。夜行性なのに発見できた
色あざやかなアカテガニ。夜行性なのに発見できた
写真を見る

 150万もの人が生活する福岡市の一角に、見たこともないような生き物がくらす場所がある。和白干潟(福岡市東区)だ。都会の中にある“ワンダーランド”ともいえる干潟をたずね、珍しい生き物たちと出合った。

【紙面PDF】きょうのテーマ=和白干潟で生き物観察

 和白干潟は博多湾の東に広がり、広さは約80ヘクタール。私たちが行った場所からは、アイランドシティ(人工島)の背が高いビルが見えた。こんな都会の近くに珍しい生き物がいるとは、初めは信じられなかった。

 一緒に活動したのは干潟の環境を考える市民グループ「ウエットランドフォーラム」の人たち。代表の松本悟さん(63)に案内してもらい、アイランドシティとその対岸を結ぶ「あいたか橋」へ向かった。橋の上から干潟を見わたすと、あちこちに小さな穴が開いていた。「穴の一つ一つが生き物の巣穴だよ」と松本さんが説明してくれた。干潟に穴を掘ってくらすトビハゼを見つけると、みんなが「どこ、どこ?」と望遠鏡をのぞいた。

 いよいよ長ぐつを履いて干潟へ。貝殻がゴロゴロ散らばっている。歩いていると足が地面に埋まり、カニなどの巣穴から海水がじわっと出てきた。

 印象に残ったのがゴカイという生き物。細長くニョロニョロしていてちょっと気持ち悪い…。松本さんの仲間で、環境調査をする一般財団法人・九州環境管理協会で働く藤井暁彦さん(48)が「ゴカイは“海のミミズ”のようなもの」と教えてくれた。干潟に穴を掘るゴカイは、泥を耕し、汚染の原因となるプランクトンの死骸などを食べるので、干潟をきれいにする役割があるそうだ。

 テッポウエビというエビも見つけた。片方のハサミが大きく、ハサミをパチンと鳴らして私たちを威嚇していた。「磯で耳をすましていると、パチンパチンと音が聞こえるでしょ」と松本さん。テッポウエビの巣穴には魚のハゼが隠れていることがある。目が良くないテッポウエビに代わって、ハゼが尾びれをふって危険を知らせるという。上手に共生しているのだと分かった。

 この日は植物も含め43種類の生き物を見つけた。干潟には貝やカニなどがたくさん生息しているため、それをえさとする渡り鳥にとって、越冬や休息の地となっている。和白干潟では世界的に貴重なクロツラヘラサギなど、これまでにたくさんの野鳥が観測されている。多様な生物が一緒に生きる干潟は、人間の世界と同じかもしれない。

 ●「子ども調査隊・ガタレンジャー」 観察続ける

 今回私たちと一緒に和白干潟で活動した人たちの中には小中高生もいる。その名も「子ども調査隊・ガタレンジャー」だ。ガタレンジャーは干潟の良さを子どもたちにも知ってもらおうと、「ウエットランドフォーラム」(代表・松本悟さん)が昨年立ち上げた。メンバーは福岡市やその近くに住む15人。今年は5月から計4回、干潟の珍しい生き物の観察会を開いている。

 昨年から活動を続ける福岡市東区の小学5年、吉松隼(じゅん)君(10)は「干潟は川や海から流れてくる汚れを生き物たちがきれいにしてくれるという大切な役割があることを知りました」と話し、「干潟の良さをみんなも知ってほしい」という。

 ガタレンジャーはメンバーを募集中。次の活動は11月26日、テーマは「渡り鳥ウオッチング」の予定。

【紙面PDF】きょうのテーマ=和白干潟で生き物観察


=2017/10/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]