【こども記者だより】元五輪選手に教わった 鈴木彩日特派員 鈴木智喜記者

指導する朝原さん
指導する朝原さん
写真を見る

 ●北九州市・引野中1年 鈴木彩日特派員 北九州市・引野小5年 鈴木智喜記者

 私たちきょうだいは昨年12月27日、福岡県粕屋町のかすやドームで開かれた「ふれあいスポーツ教室」(福岡東急会主催)を取材した。北京五輪陸上男子400メートルリレー銅メダリストの朝原宣治さん(45)など元五輪選手が指導し、小学生約160人が参加した。

【紙面PDF】こども記者だより=元五輪選手に教わった

 三つのグループに分かれて陸上と柔道、バレーボールを体験した。陸上では、ももを上げたり、スタートダッシュの練習をしたりした。朝原さんから、走るときは背筋を伸ばすことが大事だと教わった。

 バレーボールは、大山加奈さん(33)から教わり、柔道は篠原信一さん(45)と受け身の動作を練習した。篠原さんが道場に出入りするとき、頭を下げているのを見て、スポーツには礼儀が大事だと学んだ。

 朝原さんに「現役時代、つらいことをどう乗り越えたのですか」と聞くと、「けがをしたときは、なんでけがをしたのかをしっかりと考えたので、前向きになれた」と答えてくれた。イベントの最後、朝原さんたちから「がんばって」と声をかけられたのがうれしく、がんばろうと思った。

【紙面PDF】こども記者だより=元五輪選手に教わった


=2018/01/31付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]