家族の形と共に 献立、食べ方、好み… ひっくり返る食卓の常識 岩村暢子さん著「残念和食にもワケがある」

岩村暢子さん
岩村暢子さん
写真を見る
写真を見る
写真を見る

 首都圏の子どもがいる主婦(1960年以降生まれ)を対象に、食卓の実態を調べ続けている大正大の岩村暢子客員教授が「残念和食にもワケがある-写真で見るニッポンの食卓の今」(中央公論新社、1620円)を刊行した。「食DRIVE」と名付けたこの調査が始まったのは98年。計413世帯の1週間の食卓を記録した1万5611枚の写真からは、「ニッポンの食卓の常識」が覆りつつあるという現実と、「個族化」する家族の形など、人々の価値観の変化が見えてくる。

 ●ご飯とみそ汁の基本が変わる

 和食といえば、基本は白いご飯にみそ汁だが、調査結果によると、朝食にご飯を食べる人は4人に1人。また夕飯では、味付けご飯にして食べる人が5割近くに上る。

 肉野菜炒めと牛乳の夕食をとった主婦(30)のコメントは「長男は『ご飯は味がない』と言って納豆やキムチをかけて食べる。長女はふりかけがないと『味がないからご飯は嫌』と残す」(長男11歳、長女5歳)=写真(上)。

 岩村さんが着目したのは食べ方の変化。かむことが少なくなったのだ。特に若年家族に著しいという。

 コメの消費が減少する中、農業関係者が目指しているのは、うまいコメ作り。その微妙なうまさは、しっかりかんでこそ味わえるものだが、卓上には麦茶や炭酸飲料、牛乳などの飲み物が目立つ。「流し込み食べ」の増加が、米を「味がせず」「苦手で」「好きじゃない」食べ物にしている要因の一つと指摘する。

 一方、みそ汁が食卓に並ぶ回数は2012~15年平均で週2回弱。02~03年と比べて1回減った。

 「パンやシリアルの朝食が増えたから、みそ汁は必然的に減少。夕食といえば、どの家庭も、冷たいものを飲みながら食事するから汁物はなくてもいい、となっているようだ」(岩村さん)

 ●使いやすいからワンプレート

 この調査で、子ども向けの仕切り皿に、1食分の料理を全て盛り付けた「ワンプレート」の夕食が初めて出てきたのは01年。それが14年には、30~40代の家庭の半数以上で日常食器の一つとして使うようになっていた。

 「最初子どもに使ったら、食べ切りの達成感がうれしくて、大人もワンプレートになった。少ないおかずでも見た目が寂しくないし、洗い物は楽だし、夫の分を取り置きするにも便利」(主婦32歳、夫40歳、長男6歳、長女3歳)=写真(下)

 「食材や料理、季節に合わせて多様に使い分けるのが和食の伝統。『個族化』する家族の急な変化の中で、その根拠を失い、変わりつつある」(岩村さん)

 このほか、スープスパゲティとおにぎりといった「主食重ね」や、子どもたちに、フォークやスプーンで食べられる一口サイズのものしか与えないことなどからくる箸の出現率の減少なども見て取れる。

 「和食を支え続けていた日本人の伝統的な自然との向き合い方、古くからの価値観、家族の関係、働き方、暮らし方が変わった結果、それを前提として成り立っていた和食は、もう現代の食卓になじまなくなったのではないか」(同)

 ある意味、和食礼賛派にとっては、見たくない調査と言えるかもしれない。だが、すべては目の前にある現実を見つめることからしか始まらない。まずはご一読をお勧めしたい。


=2017/11/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]