ボストン美術館展 入場者20万人突破 九州国博

 九州国立博物館(太宰府市)で開催中の「ボストン美術館 日本美術の至宝」展(西日本新聞社など主催)の入場者が12日、20万人を超えた。

 20万人目は福岡市西区の会社員、小久保道絵さん(50)と高校2年の茜さん(16)親子。同館の三輪嘉六館長から展覧会図録などの記念品が贈られた。小久保さん親子は「曽我蕭白(しょうはく)の水墨画『雲龍図』を見にきました。20万人目と聞き驚いています。会場をゆっくり楽しみたい」と話した。

 同展では「吉備大臣入唐絵巻」など名品46点を紹介。先に開催された東京、名古屋会場と合わせ総入場者数が100万人に達した。会期は17日まで。問い合わせはNTTハローダイヤル=050(5542)8600。


=2013/03/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]