アフガン展に鈴木亮平さん

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)で開催中の特別展「黄金のアフガニスタン‐守りぬかれたシルクロードの秘宝」(西日本新聞社など主催)に13日、同展の音声ガイドや映像展示の案内役を務める俳優の鈴木亮平さんが訪れた。

 展示されている文化財は、混乱が続くアフガニスタンで博物館員たちが命懸けで守り抜いた貴重な品ばかり。同展を初めて鑑賞した鈴木さんは「迫力ある黄金の冠、現代でも通じる耳飾りの美しさに圧倒された。バーミヤンの仏像が破壊されるなど文化財の破壊や盗掘がある一方で、人類共通の宝として守り抜こうとした人がいる。そんなドラマにも感動した」と話した。同展は2月14日まで。


=2016/01/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]