さいふごま大会 子どもらが熱戦 太宰府市で九博杯

女子も交じって熱戦を繰り広げたさいふごま大会の決勝トーナメント
女子も交じって熱戦を繰り広げたさいふごま大会の決勝トーナメント
写真を見る

 太宰府市の九州国立博物館1階ミュージアムホールで22日、九博杯第6回さいふごま大会があった。特別展「宗像・沖ノ島と大和朝廷」記念で九博が主催(県和ごま競技普及協会共催)。県内各地から幼稚園児~小学6年生の約50人が参加し、熱戦を繰り広げた。

 テーブルでこまが回る時間を競う予選の通過者16人が決勝トーナメントに進出。トーナメントは「けんかごま」であった。1対1で大皿の上でこまを交互に投げ、長く回った方が勝ち。福津市の小学3年女児(9)が1回戦を勝ち抜くと、どよめきが起きた。

 決勝は太宰府市立国分小の6年生同士が対決。宮崎数仙君(12)が門田倫太朗君(12)を接戦の末に破り、3度目の優勝を飾った。


=2017/01/23付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]