九博「沖ノ島」特別展、5万人突破

写真を見る

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)で開催中の特別展「宗像・沖ノ島と大和朝廷」(西日本新聞社など主催)の入場者数が17日、5万人を突破した。5万人目は山口市の杉山佳織さん(37)=写真左。母、妹と車で約3時間かけて訪れたという。杉山さんは「びっくりした。九博の特別展は何回も鑑賞に来ている。古代の金製指輪(国宝)などを見るのが楽しみ」と語り、西村栄造副館長から図録などの記念品を受け取った。

 「期待が高まる世界文化遺産登録にふさわしい展示品ばかり。ぜひ足を運んでほしい」と西村氏。特別展は3月5日まで。


=2017/02/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]