九博「タイ」展の見どころ紹介 筑紫野市歴史博物館で14日講座

 九州国立博物館(太宰府市)で11日に開幕した特別展「タイ~仏の国の輝き」(西日本新聞社など主催)について、担当者が見どころなどを解説する講座「しっとこ九博」が14日午後3時から、筑紫野市二日市南1丁目の市歴史博物館で開催される。

 市歴史博物館は九博の連携協力館で、10年ほど前から特別展に合わせて講座を開催している。

 日タイ修好130周年を記念した特別展では、タイの仏教文化に基づく美術品などを紹介。国外で初めて展示する国宝もあるという。講座は1時間半ほどで、九博企画課特別展室の原田あゆみ室長が講師を務める。

 受講無料。定員70人で事前申し込みが必要(先着順)。筑紫野市歴史博物館=092(922)1911。


=2017/04/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]