段ボールでよろい作り 「中国 王朝の至宝」展でイベント

写真を見る

 太宰府市の九州国立博物館で10日、古代中国のよろいを段ボールで作るイベントがあり、小学生26人や保護者が参加した=写真。開催中の特別展「中国 王朝の至宝」(西日本新聞社など主催)の関連イベント。楽しみながら中国文化を学んでもらおうと、同博物館などが企画した。

 兵馬俑(へいばよう)の一種「跪射俑(きしゃよう)」のよろいを基に、名刺サイズの段ボール約60枚を貼り合わせていった。ひもを通し、絵の具で着色して完成。子どもたちは特別展の会場前で記念撮影した。

 特別展は9月16日まで。NTTハローダイヤル=050(5542)8600。

=2013/08/11付 西日本新聞朝刊=

.

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]