日中国交正常化45周年で写真展 九博で開幕

写真を見る

 太宰府市の九州国立博物館で23日、日中国交正常化45周年記念写真展が始まった=写真。中国駐福岡総領事館と九博の主催。28日まで。

 日中両国45年の政治・社会現象などを記録した写真パネル96点を展示。中国の世界遺産「九寨溝(きゅうさいこう)」(四川省)や「敦煌莫高窟(ばっこうくつ)」(敦煌市)、日本の各新聞社提供の報道写真もある。

 会場で開幕式典があり、何振良駐福岡総領事は「両国の指導者が将来を見定め、知恵を絞って困難を乗り越え、国交正常化を実現した。いい経験を生かし、未来を切り開いていきたい」とあいさつした。

=2017/05/24付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]