山笠の「棒締め」 九州国博で公開

縄だけで舁き棒を固定する「棒締め」を披露する男衆たち
縄だけで舁き棒を固定する「棒締め」を披露する男衆たち
写真を見る

 太宰府市の九州国立博物館で18日、博多祇園山笠の飾り山笠作りが始まった。この日は組み上げた山笠台に6本の舁(か)き棒を縄だけで固定する「棒締め」が一般公開された。

 全国からの来館者に、博多っ子の心意気でもある山笠を見てもらおうと2005年の開館時から展示。今年も「九番山笠・天神一丁目」の飾り山笠を、組み立ての段階から公開している。28、29日には人形の飾り付けが行われ、来年3月ごろまで1階エントランスホールに展示される。

 来館者たちは「棒締めた!」の掛け声とともに縄を締める男衆の姿に熱心に見入っていた。孫と一緒に沖縄県から訪れた玉木栄子さん(63)は「実際に山笠を組み立てる様子を見るのは初めて。職人の技はすごいですね」と話した。


=2013/08/19付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]