博多山笠と戸畑大山笠が競演 九博、無形遺産記念式典

「五段上げ」を披露する戸畑祇園大山笠の男衆たち。奥は博多祇園山笠の飾り山笠

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に博多祇園山笠(福岡市)と戸畑祇園大山笠(北九州市)が登録されたことを受け、県は18日、太宰府市の九州国立博物館で記念式典を開いた。館内には戸畑のちょうちん大山笠(高さ約10メートル)が組み上がり、8月から展示されている博多の飾り山笠(高さ約15メートル)と併せ、世界の宝となった祭りの“競演”が始まった。同時公開は来年2月12日まで(飾り山笠は3月初旬ごろまで)。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]