九博の「沖ノ島展」閉幕

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)の特別展「宗像・沖ノ島と大和朝廷」(西日本新聞社など主催)が5日、閉幕した。同県宗像市の沖ノ島で今なお続く信仰の歴史と古代祭祀(さいし)の様相を、国宝に指定された沖ノ島出土品など160件の文化財で紹介した。1月1日からの期間中に7万5966人が来場した。次の特別展「タイ~仏の国の輝き~」は4月11日から6月4日まで開かれる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]