認知症「レビー小体型」知って 患者の樋口さん 症状や不安 本に

講演する樋口直美さん=7月、福井県敦賀市
講演する樋口直美さん=7月、福井県敦賀市
写真を見る
田北昌史医師
田北昌史医師
写真を見る

 幻視や抑うつ症状などが出る「レビー小体型認知症」の当事者、樋口直美さん(53)=千葉県=が、病気に気付いてから実名で病を公表するまでの日記をまとめた「私の脳で起こったこと」を出版した。

 樋口さんは41歳で「うつ病」と誤診され、約6年も誤った薬物治療を続けた。2012年9月、インターネットなどで調べて若年性のレビー小体型認知症を疑い、同10月に専門医を受診。13年6月に正式な診断を受け治療開始。今年1月に東京の会合で実名で体験を語った。本はこの2年4カ月の日記をまとめている。

 レビー小体型ははっきりした幻視、手足の震えなどの症状が現れるが、日によって症状の変化が激しい。物忘れ、場所や時間が分からなくなるなどの認知障害が、出ないこともある。認知症の中では「アルツハイマー型」「血管性」に次ぎ3番目に多く、約2割を占めるが、あまり知られていない。

 40年間、日記を書き続けている樋口さんは病気の不安も生々しく記録している。いるはずのない虫や人間が見え、仕事でミスが続く。「私はいつ病気に脳を乗っ取られるのだろうか」「死ぬことは恐(こわ)くない。理性を失うこと、言葉を失うことが恐ろしい」(12年10月)

 一般的に、認知症の人は家族の顔まで忘れる、人格も失うなどのイメージが強い。体調が改善するにつれ「認知症という言葉は、深く誤解され、既に広く侮蔑(ぶべつ)的に使われている」(13年11月)「脳の機能の一部を失ったからといって、知性を失う訳ではない。記憶を失ったとしても思考力を失う訳ではない」(14年8月)など、病への無理解を嘆き、憤る。

 現在、血圧や心拍数が安定しない自律神経障害は残るが、幻視などはなく家事や講演もこなす。「毎日楽しく笑って過ごせば、どんな薬よりも効くのだ」(同10月)「周囲の誰もが味方で、心安らぐ『ホーム』の環境にあれば、妄想も生まれない、少なくとも周囲を困らせるような妄想は生まれないのではないか?」(同12月)と記す。

 樋口さんは「当事者を追い詰めているのは周囲の無知。多くの人が正しく病気を理解し、誰もが自然に受け入れられる社会なら、当事者のストレスは軽くなるはず」と訴えている。

 256ページ。1512円。ブックマン社=03(3237)7777。 

 ●家族、周囲の注意大切

 認知症の種類について、専門医の田北昌史・田北メモリーメンタルクリニック院長(58)=福岡市早良区=に聞いた。

 患者の約6割を占める「アルツハイマー型」は、新しいことを覚えられなかったり、出来事自体を忘れたりする記憶障害、場所や時間の判断がつかなくなる見当識障害などが現れる。じわじわと進行していく。

 「血管性」は、脳梗塞や脳出血などが原因。脳血管障害が起きた場所によって症状は異なるが、意欲の低下や言語障害、穏やかだった人が怒りっぽくなるなど。約2割とされる。

 「レビー小体型」は2割弱。幻視や睡眠障害、抑うつ症状、歩幅が小さくなるなどの「パーキンソン病」と似た症状も出る。記憶障害が軽いという特徴もあり、診断が最も難しい。認知症と呼んでいいのかという議論もある。

 少数だが、万引など社会的ルールを無視した行動をする「前頭側頭型」もある。いずれも薬物治療で症状の進行を遅らせることができる。ただ、10%ほど睡眠剤などの薬が原因で認知症に似た症状が出て、その薬をやめると症状が改善する例もある。

 正確な診断と適切な治療が大切になる。「昔はできていたことが最近できなくなった」などの情報や生活歴が重要な診断材料となるため、家族や周囲には注意深く見守ってほしい。 (談)


=2015/08/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]