【たちまち小町】写真を整理するには? ジャンル別に絞り、多彩なアルバム活用

小田敏章さん
小田敏章さん
写真を見る
インターネットで注文できる「フエルフォトブック」(写真はA4判ハードカバー、20ページ、4968円)
インターネットで注文できる「フエルフォトブック」(写真はA4判ハードカバー、20ページ、4968円)
写真を見る
忙しい人は、まず箱タイプの物で仕分けだけでも
忙しい人は、まず箱タイプの物で仕分けだけでも
写真を見る

 ●写真を整理するには? 
 写真を整理したいのですが、時間がなく、スマートフォンやパソコンにたまる一方です。うまく整理する方法を教えてください。

 ●ジャンル別に絞り、多彩なアルバム活用

 猫の小町と申します。皆さんがお困りのことをたちまち解決していきます。

 プリントした写真整理の定番と言えば、アルバム作り。文具やアルバムを手掛ける「ナカバヤシ」(大阪市)福岡支店営業課マネジャーの小田敏章さん(48)にうかがいました。

 「スマホの普及で誰もが気軽に写真を撮れるようになった半面、整理が追いついていない人が多いようです」と小田さん。年末は、この1年に撮りためた写真を整理するいい機会だ。

 では膨大な写真データをどうやって整理するのか。

 小田さんが勧めるのは、旅行や料理、ペットや子どもの写真など、思い出をジャンル分けして作業すること。例えば子どもの「運動会」なら、気に入った写真をまずざっくりと30枚程度選んでプリントし、さらにアルバムに貼る段階で5~6枚に絞ると良い。ここでしっかり選別し、代わり映えしない写真を思い切って外すのがポイントだ。「もちろん、撮影した月ごとに分けるような作業方法でも構いません。一番やりやすい方法で始めてください」

 ではアルバムはどんなものがいいのだろう。

 面倒くさがり屋の人に最適なのは箱に収めるタイプ(写真は「イージーボックス」、648円~)。これなら後日、本格的なアルバムを作る場合も取り掛かりやすい。差し替えのできるバインダー式のアルバムも、スムーズに作業ができるという。

 最近人気があるのは、気に入った写真を製本して写真集にしてくれる「フォトブック」サービス。インターネット上で写真データを送信して注文できるものも多く、仕上がりが美しい。価格はさまざまだが、ナカバヤシの「フエルフォトブック」は、ソフトカバーの20ページで1404円から。注文して2週間程度で自宅に届く。複数作れるので、親戚や知人にもプレゼントできる。

 写真の整理は、人生の締めくくりに備える「終活」にも通じる。同社が今月発売した「マイプレシャスアルバム」(8640円)は、人生を写真と共に振り返って記録できる。自分史の年表などを書き込むスペースが16ページ、写真を貼れる台紙が20ページある。もしものことが起こったときに、残しておいてほしい写真だけを選んでおくことができる。自分史を文章だけで仕上げるのは難しいという人にお薦めだ。今のうちに撮りためた写真を見直してみてはどうだろう。商品の問い合わせは同社福岡支店=092(641)3661。

 お助けいただき、ありがとうございました。


=2016/11/30付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]