【香月泰男美術館】香月泰男 画家の食卓

 同県出身の画家、香月泰男(1911~74)は食材を描いた作品を数多く残し、一時期「厨房(ちゅうぼう)の画家」の異名をとった。食材を描き続けた時期は主に、香月がシベリア抑留から復員した後の1950年代。本展では、50年代以降に描かれた作品を中心に紹介する。3月26日(月)まで。一般500円、小中高生200円、未就学児無料。火曜休館。


=2018/01/15付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]